避妊薬を服用している不倫相手との行為後

避妊薬を服用している不倫相手と行為をした後で気を付けなければいけないことがあるのでしょうか。
避妊薬を正しく使っていれば妊娠する事は有りませんし望まない妊娠をすることもありません。
もしも自分が既婚者の場合は不倫相手を妊娠させてしまいますと大変なことになります。
自分の家庭も崩壊してしまいますし認知をしなければいけませんし社会的な信頼も失ってしまうでしょう。
避妊薬を使っていればそのようなこともないので安心と高をくくってはいけません。
避妊薬は正しく使っていれば効果はありますが、正しく使わなければ妊娠する可能性があるのです。
避妊薬と言えば低用量ピルが一般的ですが、これの偽薬のないタイプのものの場合休息期間を間違えてしまいますと妊娠する可能性があります。ピルは永遠に妊娠しない体を作るものではなく飲んでいる期間だけ妊娠しないようにする薬なのです。
それを知らなけば後々大変なことになります。
あと本当に避妊薬を飲んでいるのかどうかを確かめる必要があります。ただピルを飲んでいるというだけでは安心できません。
殆どの場合は大丈夫なのですが中には避妊薬を飲んでいると偽る女性もいます。
そして安心させて妊娠するのです。
基本的に不倫というのは倫理的に間違ったことですのでどうしてもしたい場合は誰も傷つけないように気を付けなければいけません。
あとコンドームもできるだけ使ったほうがいいでしょう。避妊薬はあくまでも妊娠を避けるだけであり性病を避ける効果はありません。
性病を避けるならコンドームの方が確実です。
性病が原因で不倫がばれてしまうこともあります。
自分が感染したのを知らず配偶者に感染させてしまいますと配偶者には二重のショックを与えることになるので気を付けましょう。