排卵日前の性行為でも慌てずに緊急避妊薬を

排卵日の前の2日程度が、女性にとって最も妊娠しやすい期間となっています。
勿論、妊娠しやすいというだけで100%妊娠するという訳ではありませんが、他の時期に性行為をするのに比べるとぐっと妊娠の可能性が高まります。
もし排卵日前に性行為をした場合、さらに妊娠を望んでいない場合は緊急避妊薬を利用する方法があります。

緊急避妊薬とは、黄体ホルモンを主成分としているピルの事で、性行為から72時間以内に服用する事によって効果が期待出来る薬の事です。
とはいっても、性行為から時間が経てば経つ程その効果が出る可能性も低くなるので、なるべく早い段階で服用する事が重要と言えます。
さらに、避妊薬を利用したとしても100%避妊できるという訳ではなく、その成功率は98%、つまり2%の人は服用したとしても妊娠しているという事になるという事を知っておきましょう。

緊急避妊薬を利用して成功したかどうかが分かるのは、服用後に生理が来るかどうかで分かります。
また、人によってはそれを服用した事によって吐き気を感じてしまう事も少なくありません。
薬の成分を吐き出してしまうと思っている効果が期待出来ない場合もあるので、なるべくなら吐き出さないようにする事が重要です。
万が一吐いてしまった場合、服用後2時間以内の場合はまだ体の中に薬の成分が吸収されていない可能性があるので、薬を処方してくれた病院で医師の指示に従う必要があります。
この時、医師の判断によって必要となった場合は追加で薬を服用する事になります。
また、服用後2時間を経過してから吐いてしまった場合は、薬の成分が既に体内に取り入れられている状態になっているので、それ程心配する必要はありません。