性行為での妊娠を避ける避妊薬は個人輸入代理店で

妊娠するつもりはなかったのに、性行為中にトラブルがあって妊娠してしまうこともあります。
この妊娠を回避するには、避妊薬を使うという手段があります。ただし、避妊薬は行為後72時間以内に服用しないと効果を発揮しないので、注意する必要があります。
避妊薬は病院処方が基本ですが、いまは個人輸入代理店を利用してネットで購入できるようになっています。代理店によって発送方法や送料は異なります。
個人輸入は海外の販売者から発送されますから、荷物が届くまでには時間がかかります。最速でも5日、通常は7〜14日程度かかります。また、郵便や税関が混雑していたり、経由国の国際情勢によって配達が滞ることもあります。
海外からの郵便物は、基本的に日時の指定ができません。なので、本人が確実に受け取るには郵便書留で郵便局で受け取るようにすると安心です。この方法ならば、家族に荷物の中身を知られてしまうこともありません。
性行為での妊娠を避ける目的ならば、常備薬としてネットで買っておくと安心です。
本来ならば医師の処方箋がないと医薬品は買えないことになっていますが、個人使用の目的で海外から輸入する分には違法ではないということになっています。ネットでは処方箋が不要で、病院処方よりも安く買うことができます。
ただし、初めて避妊薬を買うときには病院を受診したほうが安全です。避妊薬にも種類があり、自分に合わない物を使ってしまうと重い副作用があらわれてしまうことがあるからです。
1回使ってどれが自分の体に合っているのかわかっているのであれば、あとはネットで購入しても大丈夫です。
個人輸入代理店の数もたくさんありますから、名前の知れたユーザー数の多いところを利用しましょう。