避妊薬のマイルーラって?

マイルーラは女性用避妊薬として世界中で愛用されています。
マイルーラはオブラート状の避妊薬で2~4回程折りたたんで膣内に挿入して使用します。
折りたたむ回数は何回でも良いですが、膣の奥の方にまで入れないと効果が発揮されないため、なるべく小さく折りたたむと挿入しやすくなります。
マイルーラは日本ではあまり知られていない避妊方法ですが男性用の避妊具よりも性交時に違和感が少ないことや女性自身で避妊ができる避妊薬なので世界中で愛用者が多い避妊薬となります。
女性用の避妊薬はマイルーラのようにフィルム状のものやゼリー状のものが多く男性に頼らない避妊具なため女性によって安心感が強い半面、エイズや性感染症は予防する事が出来ないので病気に関しては器を付ける必要があります。
さらに、マイルーラは水分を吸うと手にくっついたり膣の入り口付近に留まってしまうことがあります。
そうすると避妊の効果が薄れてしまうため確実に挿入する事が必要です。
そしてピルの併用をすることで高い避妊効果を期待できます。
マイルーラはっきりとした持続時間が分からないため長時間性行為をしている場合避妊ができているか不安になる場合があります。
そんな時は迷わずピルを使用する事をおすすめします。
マイルーラに高い避妊率があるのは精子の高い殺傷力にあります。
フィルムには精子を殺す強い成分が含まれているため、液状化する事によって効果を発揮します。
そして精子を殺す強い殺傷力があっても人体には害がないため、世界中で多くの人に使用されている理由の一つとなります。
しかし、マイルーラには持続力ないというのが一般的な認識です。
効果を発揮するのは2時間程度と言われていますが、確実に避妊をしたいと考えるならば装着後1時間程度が効果の限界と考えた方が安心です。

避妊薬マイルーラの発売停止理由とは

マイルーラは女性の生殖器に挿入して使用する避妊薬です。
男性に使用する避妊具とは違い女性自身で行う事が出来きる避妊薬として人気がありましたが、さまざまな問題点が挙がり始め販売停止になりました。
マイルーラを使用することで避妊ができるのはタンパク質変性を起こし精子を死滅させることで妊娠しないようにする働きがあります。
そのため、強い刺激がり身体的にも影響が出る恐れがあります。
それだけでなく、体内に残留してしまう、胎児や乳児に影響が出る可能性がある、発がん促進作用がある、避妊失敗例が多いなどの理由によって発売が停止するに至りました。
マイルーラは自然に女性のおりものと一緒に排泄されるとのことでしたが実際は体内に吸収されているというデータも存在します。
排泄されたのではなく吸収されることによってマイルーラの主成分であるノノキシノールという成分が量に応じて悪い細胞に形質が転換されるため発がん性の可能性も非常に高いと言われています。
マイルーラはフィルム状の避妊薬で折りたたんで膣に挿入して使用します。
そのため、奥まで入れることができなかったり、水分を吸って手にくっついて膣に挿入できなかったりした場合に避妊を失敗してしまいます。
このような避妊失敗が多く報告されたのも発売停止になった要因の一つとなります。
また、マイルーラを使用する事によって膣内のバリアもはがされてしまいます。
マイルーラは避妊には効果がありますが性病などの病気を予防する事ができません。
予防できない上に膣内のバリアが薬の成分によってはがされてしまうため病気になるリスクが高くなります。
その結果HIVウイルスやカンジダなどの性病に罹りやすくなってしまいます。

売れている避妊薬の名前と値段

避妊薬は病院で手に入れることが一般的ですがその場合、診察代が加わりますので合計金額が高くなってしまいます。
例えばマーベロンという一般的な避妊薬ですが病院で処方してもらうと本体価格が2500円します。
しかし通販サイトでその薬について調べると約1000円で購入することができます。
しかしながら、避妊薬の種類も多種多様で自分の体に合うものを服用することが大切です。
不安に思われる方は病院で処方されるようにしてください。
他にも通販サイトで安く、かつ人気な避妊薬について特徴やその名前と値段についてご紹介します。
「トリキュラーED」この薬は一般的な病院でトリキュラーという名前で処方されるもので、一箱28錠低用量で値段は1094円。
「マーベロン」この薬の特徴としてホルモンバランスが原因で引き起こされる体重変化やニキビを抑え、不正出血が起こりにくくなります。
この薬も先ほど同様で28錠一箱1215円です。
「ヤスミン」タブレットタイプで服用が非常に簡単です。
この避妊薬は従来の薬が自分の体に合わない方にオススメで、薬の副作用で体重が大きく変化することをなくすために開発されたものです。
またこの薬は更年期障害を抱えておられる方にもオススメです。
この薬の値段は21錠一箱で1908円です。
「ダイアン」この薬は主にアジア人の服用のために作られました。
ニキビや脱毛、多毛症など女性の体内の男性ホルモンに起因する疾病の治療に効果的です。
この避妊薬の値段は21錠一箱1339円です。
「マドンナ」この薬は確実に望まない妊娠を防ぎます。
失敗率は約2,5%と言われています。
性交後できるだけ早く服用するなら効果が増します。
値段は一箱2錠1215円です。
他にも多くの避妊薬が販売されていますが冒頭で述べたように自分自身の体に合う薬を服用することをお勧めします。
■わざわざ病院に行かずに手に入れよう
ピル 通販